快適にくらす

健康にくらす

ナチュラル石鹸洗濯実践者は要注意!!粉石鹸タイプの石鹸洗濯でドラム式洗濯機が壊れました Part2

2022.11.17

ナチュラル石鹸洗濯でドラム式洗濯機が壊れました

11月13日のブログで、
ナチュラル石鹸洗濯で
洗濯機が壊れたことを
紹介しました。


2年も経たないうちに
壊れたことはショックでしたが、
家電量販店の長期保証のおかげで
無料でほぼ新品状態になりました。




修理の相談を電話した際、
ナチュラル石鹸洗濯をしていて
洗浄液が強制的に
排出されてしまうことを
伝えていましたが

今回長期保証で
無料で交換してくれたパーツは
以下の通りです。




ところが実際には、
写真の明細以外に
さらにパナソニックの独自保証で
2年以内に不具合が起きた場合に
無料で交換してもらえる
パーツまでも
全て取り替えてもらえました。



それがこちら

1、ヒートポンプユニット
2、ドラムカバー
3、ドラム本体
4、泡検知ユニット

などなど

ほぼほぼ中身を
丸ごと変えたかのような
衝撃の修理内容でした。


しかもこれは
販売店の修理明細には
入っていないパーツ。

つまり無料!






長期保証は購入金額までは
無料で修理してもらえますが
修理が重なって
購入金額を超えてしまうと
強制終了です。

修理明細に金額が乗らずに
修理してもらえるなんて
メーカー側の神対応!

世界のTOYOTA
世界のPanasonicですね。






分かりやすいので
修理最中の衝撃画像を
載せておきます。


この洗濯機が

衝撃のドラム式洗濯機の長期保証修理内容



この状態まで分解されました

石鹸洗濯で壊れたドラム式洗濯機の衝撃の修理風景




もはや空っぽ。
てっ言うか
原型をとどめていません。

これを見てドラム式洗濯機だと
分かります?






で、今回最も悪さをしていたのが
この泡センサーユニット。


ピントが合っていなくて
すみません・・・

楕円形の左中側にある
金属棒が泡センサーです。





ナチュラル石鹸洗濯
特に粉石けんを使うと

泡立ちと共に
このセンサー部分に
石けんカスが溜まって
誤動作を起こし、
洗濯液が強制的に
排出されてしまいます。




実際には
予想ほどセンサーが
汚れていなくて、

修理作業員の方も
不思議がっていましたが、


ちょっとの石けんカスでも
誤動作を起こしてしまうほど
粉石鹸を使った
ナチュラル洗濯は
ドラム式洗濯機に
負荷をかけてしまうということ。






また、洗濯中に
常にシャリシャリと
異音がしていましたが、
その原因がこちらです。

ナチュラル石鹸洗濯でドラム式洗濯機が壊れた



ドラムを覆う
フロントカバーの裏側の模様。

向かって左側が上部。
右側が下部です。


洗濯中の糸屑乾燥中の埃が
日頃の石けんの粘りで
まとまり

日々の乾燥工程で
これほどまでの固まりと化して
ドラムに接触し
カサカサ音を立てていた訳です。


新品がこちら





交換した
ドラムカバーに軸受にも
ホコリのかたまりがあって
これも悪さしていたようです。

ドラムカバー軸受にほこりの塊が


新品がこちら
綺麗ですね。




交換のため外された
ドラム本体裏側は
白い石けんカス。

ドラム本体裏側は石けんカスで白っぽく



最低でも3ヶ月に1度、
半年に一度はメーカーの
洗浄液で槽洗浄していましたが・・・
ここは落とせないですね。







みなさん、
ナチュラル石けんで
洗濯をする場合、

しかも毎日乾燥まで行うなら

長期保証は必ず加入おきましょう!




そしてPanasonicの
ドラム式洗濯機は

運転途中でも扉が開けれて
石けんの追加投入が出来ます。



メーカーの保証内容も
充実しているので
ナチュラル石けんで
洗濯する方には
おすすめだと思います。




ただ今回の件で、
粉石けんは
もう使わないように
決意しました。

そして、
ナチュラル液体石鹸も
毎日は使わず、



日々の洗濯は
残り湯+酸素系漂白剤を使い、

バスタオルなど
肌触り優先のものだけ
液体石鹸を
使うことにしました。


ふわふわ感がたまらない
ナチュラル石けん洗濯ですが
毎日の洗濯は洗濯機に
負担がかかりますね・・・

SHARE

RELATED関連記事