シンプルにくらす

楽しくくらす

シンプリストの暮らし 白いお家でシンプルなくらしを楽しむ理由の一つ。私にとっての憧れの家。窓の外の緑や芝生の風景と暮らす ミース・ファン・デル・ローエ ファンズワースの家

2021.09.16

ファンズワース邸

白いお家で、
シンプルなくらしを楽しむ
一つの理由が憧れの家があるから。

それがこの写真の家。ファンズワース邸。

ファンズワース邸


近代建築の三大巨匠の一人であり、
モダンデザインの枠組みを確立した
ドイツの美術学校バウハウス。

この学校の第3代校長を務めた

ミース・ファン・デル・ローエ

が手掛けた、
緑の風景に立つ真っ白な
モダンな週末住宅が
ファンズワース邸です。

もうね、わたくし
このお家が
とにかく大好きなんです。



”LESS IS MORE”
“少ないほうが豊かである”

”God is in the details”
”神は細部に宿る”

という名言を世に残した、
ミース先生ならではの
まさに言葉通りのモダニズム建築。




直線で構成された
究極のシンプルデザイン。

間仕切りがなく、
ひとつづきの部屋になっているので、
用途によって
家具配置を変えれたり
自由度の高い内部空間になっています。

天井から床までの
開放的な窓から見える緑の眺望が
本当に最高です。

  私の大好きなモダン住宅 緑の眺望




シンプルだからこそ
家の存在は消えて、
眺望の緑が主役になる空間。

白い家の外観と
美しく調和した緑の風景も
本当に素晴らしい。



この写真を初めて見たときの
強烈なインパクトは
今でも忘れませんし、

1951年建築という
時代の古さを全く感じさせない
モダンな建築デザインの原点かもしれません。




とにかくこの家に憧れ続けて
今に至るわけなんですが、

果たしてこの家の
どんなところ(要素)に
心惹かれているのか?

自分なりにその要素を
棚卸ししてみたんですね。




これまで自分の理想のくらしって
どんなものなんだろうと
あれこれイメージしたり、

2年おきに引っ越して
様々な家に住んでみたんですけど

結果的には、
眺望の良い家よりも、
家の中から緑を感じられる家が
とにかく心の底から
大好きなんだということが分かりました。




だから今住んでいる
我が家との出会いは
本当に感謝でしかありません。

だって、こんなに身近に
緑を感じる事ができる
マンションなんて
なかなか見つからないですから。


我が家の借景の緑





それと、
私は無類の芝生好きです。

ゴルフはしませんが、
ゴルフ場の雰囲気が大好きですし、
ふと雑誌で見かけた
ヨーロッパの芝生の丘の風景に
いつも心惹かれます。

芝生の丘 絶景写真




お気に入りのスポットは
芝生の丘がある公園。

平地ではなく丘というところが
ミソです!


関西だと
六甲カンツリーハウスだったり
六甲山牧場や有馬富士公園。

九州だと
熊本の瀬の本高原の
牧草地帯の風景や、
蒜山や阿蘇の
広大な丘の風景には
心の底から癒されます。

心癒される阿蘇の風景
南阿蘇
蒜山の牧場風景
蒜山


だから、
自宅から芝生を眺めたくて
我が家のバルコニーも改造しました。

芝生が好きだからリアルな人工芝でマンションバルコニーをコーディネート
我が家のバルコニー 


本物の芝生を
マンションのバルコニーに敷くのは
コストもかかかるしメンテナンスも大変。

だからリアルな質感の
人工芝を敷きました。


せっかく人工芝を敷いて
借景のある素敵なお庭に仕上げた
からには、
我が家では洗濯物を
外では一切干しません。

リビングやダイニングから
洗濯物が見えるのも
なんだか生活感が出て嫌なんです。


だから
基本は洗濯機の乾燥機で
毎日乾燥させますし、
干しきれない分は
寝る前にセットして
部屋干ししています。


洗濯物は
洗濯機で乾燥させるのが
大前提なので、
洗濯機も乾燥させること前提で
吟味して購入しています。

これまで2つのメーカーを
試しましたが、
使い勝手もメンテンナスも
あるメーカーのものが
ダントツのおすすめなんです。

機会があれば
オススメ洗濯機の記事も
書いてみたいと思います。


話は飛んでしましましたが、

そんな緑のある風景好き人間が
たどり着いたインテリアスタイルが、

最初の写真で紹介した
究極にシンプルな
ホワイトの家
ファンズワース邸だったんです。

そんな空気感のあるくらしを
体感したくて、
借景のあるマンションを探し出し
自分でリノベーションの設計を行い
今のお家を完成させました。



とは言え、、、

緑の借景があって
バルコニーが広いマンションなんて
滅多に出会えませんよね。


この物件に最初に出会ったのが、
今から15年以上前。

結婚して新生活のために
片っ端から賃貸物件を
宝探しのように内覧していた頃でした。

トータルで100件以上は
内覧したんですけど、
その時のひとつがこのマンションだったのです。


当時はリノベーションなんて
考えてもいなかったですし、
賃貸物件専門でリサーチしていたので
当時築30年近い
古い古いこのマンションは
候補から外れていました。

ところが4年前
いよいよ自分の理想の家を
作ろうとなった時に、
リノベ前提で物件を探ながら
このマンションの存在を
思い出したんです。


ご縁あって
結果的にこのマンションに
住むことが出来ましたが、

その時の決断や行動は
なかなか面白いエピソードなので
次回はそんな物件購入までの奇跡を
を書いてみたいと思います。


シンプルな生き方はずばり自分を知ること。
自分にとっての理想のくらしとは?その1理想の賃貸物件を探す時に準備して本当に役立ったこと

SHARE

RELATED関連記事