楽しくくらす

シンプリストの暮らし 日々のくらしに楽しみを加えてみる。シンプルなシステムで心地よい高音質なオーディオライフを。Part1 音楽プレーヤのおすすめはズバリiPhone 

2021.11.12

シンプルなオーディオを構築するにはiPhoneを音楽プレーヤーにするべし

私にとって、日々のくらしに
喜びをもたらしてくれるのが


”良い音のあるくらし”




父がオーディオ好きだったおかげで
幼い頃からレコードの温もりのある
音を聴きながら育ちました。

おしゃれなレコードプレーヤー
おしゃれなアナログプレーヤー




普段から音楽が流れている
日常が当たりまえでしたので、
生活の中に音楽が流れていないと
落ち着かないんです。




かと言って、ただただBGMとして
音楽が流れていれば良い訳ではなく、

出ている音が自分にとって
心地よくなければ、
むしろ音楽は流したくないという
やっかいな男だったりします。




だからこそ
良い音を聴きながら仕事をしたり、
ボーっとしながら
オーディオの前に座って
過ごす時間は
私にとってはとても幸せな一時。






そんな私が
幼い頃から耳にしていたのが
タンノイ(TNNOY)という
イギリスメーカーのスピーカー。

幼い頃から通いなれた
ラーメン屋の味が
いつまでも美味しく感じるように、

私にとって ”良い音” の基準が
このスピーカーから
奏でられるレコードの音になっています。

TNNOY ARDENスピーカー
英国タンノイの同軸スピーカーARDEN




見た目はクラッシックな
スピーカーではありますが
レコードとの相性がとても良く、
高音も低音もしっかり響く
現代的なメリハリのある音なんです。

ただ、このスピーカー
お値段もさることながら
実にサイズが大きい!






私のようなマンション暮らしでは
大きな音での音楽再生も
ただの近所迷惑ですし、
こんな大きなスピーカーを
置く場所すらありません。





しかも、
このスピーカーを鳴らすための
レコードプレーヤーや、
大きなアンプなど揃えるなんて
シンプルなくらしを楽しむ私には
逆行してしまうスタンス、、、



ましてや今の時代では、
新譜のレコードが
発売されることはほぼなく、



レコードを聴くということは
いつまでも古い音源を
聴き続けなければいけない
ことになり、
そうなってくると
やっぱり飽きてしまいそう、、、
と悩む訳です。





だけど、
やっぱりレコードの音って
心に響くと言うか、
アナログな生き物の人間には
相性がいいんですよね。



今から35年ほど前に、

”レコードよりも高音質”

なんて鳴り物入りで登場した
デジタルCDを初めて聴いた時は、



耳に突き刺さるような
尖ったキンキンのデジタル音に
本当にがっかりしたものでした。




でもようやく最近になって
デジタル技術も進化を遂げ、

レコーディングエンジニアの
技術も進化したお陰か、
曲によってはびっくりするような
心地よい高音質な音楽が増えてきました。



しかも今ではCDすら買わない時代。
音楽を買う=ダウンロードサービスが主流で、
毎月一定金額を支払い続ければ
何万曲という膨大な音楽を
聴き放題で楽しめるという
サブスクリプションサービスに
とって変わろうとしています。



視聴してから
音楽を購入することも出来るので
昔のような ”ジャケ買い” なんて
賭けに出るような行動も不要。



こんな時代の流れは、
シンプルなくらしを楽しむには
追い風です。

増えてくるとかさばってしまう
CD自体も買わなくて済むし、
CDプレーヤすらいらないということ。



音楽を聴くのに
最低限必要なのは
 
”スマホ” と”イヤフォン”だけ

というなんとも
シンプルな時代になりました。







でもイヤフォンで聴くだけでは
昔から慣れ親しんだ
”オーディオ” とは呼べませんし、


やっぱりスピーカーから
しっかり音を出して音楽を楽しみたい。
そう素直に思います。





大掛かりな音響を揃えなくても、
レコードのような
柔らかくて広がりのある音を
お部屋の空間で楽しみたい。


そんな要望を叶えてくれる
自分にとって最良の心地良い音で聞ける
極めてシンプルなオーディオシステムを
研究してみました。




好きなものはついつい
語りたくなってしまうので、
いくつかに分けて書いていきたいと思います。

記念すべき第一弾は
音楽プレーヤー編です。





シンプルなシステムで音楽を楽しみたければiPhoneを使うべし!


最初に結論から言ってしまいます。
今の時代、シンプルなオーディオ環境
音楽鑑賞環境を整えるなら
おすすめの音楽プレーヤーはズバリ!

スマホです。

しかも ”iPhone” がおすすめ。


なんでiPhoneがおすすめなのか?
まず最初に押さえておくべき
ポイントが3つあります。







おすすめポイントその1
〜普段使っている携帯だから、わざわざ買う必要がない〜

おすすめ音楽プレーヤーはiPhone



音楽のために何か新しく揃える
というスタンスは
シンプルなくらしを前提に考えると
もう少し工夫がほしい所。

可能であれば今持っているものを
そのまま使うことが出来れば
シンプルなシステムへの近道になります。




そう考えると、
今の時代誰もが手にしている
スマートフォンを音楽再生の
ツールにするのは
とても理にかなっています。



日本人に最も親しまれている
スマホと言えば ”iPhone” 

このiPhoneを
音楽プレーヤーとして活用するのが
最も気軽でおすすめです。





携帯電話(スマホ)とは言え、
元々は音楽プレーヤーの ”iPod” 
に携帯電話機能や、
PCの機能を付加したような
小さなパソコンのようなもの。


最近ではPCで高音質の
音楽を楽しむ時代になりつつ
ありますので、


スマホを音楽プレーヤーとして使うのは
シンプルライフを楽しむ上では
本当におすすめだと思います。






おすすめポイントその2
〜高音質の音楽がダウンロード出来る〜


高音質で音楽を聴くために
最も大切なのが


録音状態の良い 
”高音質の音楽” を聴くこと。



当たり前のことなので
もう一度言います。

最も大切なのは、
録音状態の良い
音源を聴くことです。



オーディオ機器に
お金をかける前に
そもそも録音状態の良い
音楽を楽しむ。


これとっても大切!





例えれば、
汚れた水を浄水器を通して
綺麗にしてから飲むのではなく、
最初からきれいな水を飲む感じ。



録音状態の悪いものを、
音を加工して、
良い音に感じさせるのではなく

最初から良い音の音楽を
ダイレクトに楽しんだ方が
スマートだと思います。




話を戻しますが、

良い音の音楽を聴くことと、
iPhoneをおすすめする理由が
どうつながって来るのか?


それは、
AppleのiTunesストアで
販売されている音楽や、
Apple Musicで聴ける音源は、

Apple社が独自に
デジタル・リマスター技術を使って
昔の音源もより
高音質にリマスターしてくれているんです。




全ての曲がリマスターされている
訳ではありませんが、
結構多くの曲が高音質で楽しめます。


Apple deital masters
iTunes Store






ほんの少し前までのリマスター技術は、
音源の音を少し大きくしただけ?
というようなお粗末なものが
結構存在していましたが、



このAppleのデジタルリマスターは
なかなか良い感じなんです。





昔聴いていたCDに比べて、
音の広がりや臨場感が
明らかに豊かになっているものが多い。


音量だけを大きくしたような
これまでのリマスターとは
一線を画しています。





また、サブスクサービスの
Apple Musicでは
非圧縮のロスレス再生が可能になりました。

Apple Musicのロスレス再生


Appleのロスレスの説明は以下の通り。




ロスレスオーディオ圧縮とは?

多くのオーディオ圧縮技術は、オリジナルの音源ファイルに含まれているデータのうち、一部の損失を伴います。ロスレス圧縮は、オリジナルのデータをそのまま全部維持する圧縮形式です。

Apple は、Apple Lossless Audio Codec (ALAC) という独自のオーディオ圧縮技術を開発しました。Apple Music のカタログ全体は、AAC に加えて ALAC も使い、16 ビット/44.1 kHz (CD 品質) から最高 24 ビット/192 kHz の解像度でエンコードされるようになりました。

AAC とロスレスオーディオの違いは実際には区別がつきにくいものの、Apple Music のサブスクリプションに登録している方には、ロスレスオーディオ圧縮で音楽を楽しむという選択肢を用意しています。






上記の説明で理解できた人は、
音楽好きな人かもしれません。

普通はこの説明だけでは
何を言わんとしているか
謎だと思います。




要するに、
現代の音楽は
デジタルデータの塊なので
高音質になればなるほど
データ量が増える。


データが増えれば当然
ダウンロードすればするほど
iPhoneの容量が無くなってしまう。


だから、音質がCDとほぼ
変わらなくても
情報量を減らす技術を実現しました。


ということを言っています。






つまり、CDもしくは
それ以上の音質の音源を
iPhoneで再生可能ということ。


もうここまで来たら

iPhone=CDプレーヤー

と言ってもいいと思いません?






ただし、AirPlayを使用した
無線接続では
ハイレゾ音楽は再生出来ません。

※ロスレスと
ハイレゾは意味が違います。
ハイレゾはCDよりも
遥かに多くの情報量を持った音源です。






それと、サブスクリプションサービスの
Apple Musicに申し込まないと
ロスレス再生は出来ないようです。

iTunesストアで購入した曲は
ロスレスに対応していないようですので
ロスレスで楽しみたい場合は
Apple Musicに申し込みましょう。






また、同じくApple Musicの場合
Dolby atoms技術を使った
包まれるような立体音響で
音楽を楽しむことが出来るように
なりました。

Apple Dolby ATOMS立体音響






ただし、このサービスを
体験するには専用のスピーカーや
イヤフォンが必要になります。

またまだ対応している曲が
とても少ないので
今後に期待したいと思います。

詳しくはまた別の機会に
お話しさせていただきたいと思います。






おすすめポイントその3
〜高音質の音楽プレーヤアプリが使える〜


iPhoneをおすすめする
3つ目のポイントが、
高音質の音楽再生プレーヤー
アプリが使えること。



純正の音楽プレーヤーアプリの
ミュージックアプリも
決して悪い訳ではないんですけど
比較して聴き比べた場合に
純正よりも秀逸な
音楽プレーヤーアプリがあるんです。


いろいろ聴き比べて
使い勝手や音質を比較した上で
私が愛用しているのが
音響メーカーONKYOが
販売しているHF Playerです。




無料版もありますし
Android版もあるので
まずは無料のものから試してみてください。





同じ音源でも
こちらのプレーヤーで聴くと
引き締まった量感のある低音域や、
みずみずしい空気感がプラスされ
聴いていてとても気持ちの良い音です。




先にご案内した、
Apple純正のミュージックアプリで
DolbyATMOSの立体音楽を聴くよりも、

同じ曲でも
iTunesストアで購入した曲を、
このHFプレーヤーで再生したほうが
ギュッと身が詰まったような
私好みの高音質に感じました。




オーディオの世界でも、
自分の好みのCDプレーヤーを
選んだりしますので、
音質にこだわるなら
このプレーヤーアプリは
おすすめです。







おすすめポイントその4
〜You Tubeで音楽を再生する最大メリットはiPhoneでレコードの音を楽しめるから〜


最後に紹介するポイントが
iPhoneを音楽プレーヤーにする
最大のメリットかもしれません。

それがYou Tubeで音楽を楽しむこと。

YouTubeで音楽再生





と言っても、
決してミュージックビデオを
Youtubeで楽しむ
という訳ではありません。



Youtubeにアップされている
様々な動画の中には、

世界中のオーディオマニアが
自分のこだわりのオーディオ機器で
レコードを再生してくれている
素晴らしい音源が
たくさんアップされています。



そんな音楽環境を
自分の力だけで揃えていくには
お金はもちろん、
システムを配置する広い部屋も、
音質を良くするための
強いこだわりも必要になります。


まさにその世界は

”深い沼にはまるようなもの”

一度足を突っ込むと
終わりがなくなるほど
拘る人はこだわる世界。





下は数十万円から
上は数千万円ものお金をかけた、
こだわりの音響機器で
レコードを再生した動画がアップされている。



つまりそれはどういう事かと言うと
一円もお金をかけずに
iPhoneでレコードの音が聴けるということ。



あなたが聴きたいレコードの音源が
Youtubeにさえアップされていれば
iPhoneからレコードの音が楽しめる。




これって凄くないですか?





シンプルライフにもってこいの
音楽の楽しみ方だと思いません?

この方法に気づいた私。
自分で自分を褒めてやりたい!

素直にそう思います。





こだわりのレコード音源を
アップしてくださっている方々!
本当にありがとうございます。

お陰で私も、
レコードを買わなくても
レコードプレーヤーを買わなくても
あのアナログの素晴らしい音源を
心ゆくまで楽しむ事が出来ています!



あなたもiPhoneで
高音質の音楽を楽しんでみませんか?





イヤフォンやヘッドフォンで
楽しむなら
iPhone + イヤフォンだけでも
十分レコードの音を楽しめますが、


あとは、
iPhoneからの音を
どんなアンプやスピーカーから
出せば満足出来るのか?


次回は比較的シンプルながら
大満足の我が家の音響システム
アンプ&スピーカー編
お届けいたします。

SHARE

RELATED関連記事