シンプルにくらす

快適にくらす

シンプリストの暮らし 日本漆喰を壁と天井に使ったホワイト基調のミニマルデザインの我が家。築40年超えの古いマンションをリノベしてシンプルな暮らしを楽しんでいます。

2021.09.03

真っ白な家 ホワイトシンプルモダンマンションりのべー


我家は築40年以上の
古いマンション。

すべての区分に
ルーフバルコニーがある
とてもユニークな造りの
マンションです。


ご縁あって
借景の緑がとてもキレイなお部屋を、
3年前に購入することが出来ました。

バルコニーをお庭に。借景のあるくらし





私はインテリアデザイナーなので、
購入と同時に
内装のデザインを考えて

業者の手配を自分で行い
ほぼスケルトン状態にして
リノベーションを行いました。




どうせ自分でデザインするなら
中途半端ではなく
大好きな真っ白な家にしようと
妻に相談したところ


妻も快く快諾してくれましたので、
ホワイト&ミニマルデザイン専門の
建築家 小川晋一さんの建築
のようなエッジの効いた空気感と、

日本漆喰などの
伝統的な材料を内装を採用して
独特のやわらかい表情や
快適性も付加したい。

そんなコンセプトで
内装やインテリアのデザインを
行いました。

しかもこんな機会はなかなかないので
普段のお仕事では
お客様にはあまり提案することの出来ない
あらゆる実験的なことも
取り入れてみました。




マンションを購入してから
お部屋の完成までほぼ1年かかりました。

このブログのタイトル

”白いくらし”

のイメージどおりの我が家の完成です。


真っ白な家 ホワイトシンプルモダンマンションリノベーション
リビング
真っ白な家 ホワイトシンプルモダンマンションリノベーション
真っ白な家 マンションリノベーション ホワイト
ダイニング兼仕事場
マンションリノベーション ホワイト 白い家
水回り





とはいえ、、、

この時の自宅のリノベーションは
本当に大変でした。


限られた予算と
自分がやりたいことの
ギャップをどう埋めるのか?

経費を削減する為
工務店は使わず
自分ですべての設計を行い

各工事の職人を探し
相見積もりをして
コストの安い職人を探しました。



当然工事管理も
自分ですべてやる必要がありました。

職人がどれくらいの
腕(スキル)があるかも
実際に依頼してみないと
判りません。



実際に腕の悪い業者に当たり
どえらい目にも会いました。

安いには安いなりの
理由がちゃんとあるんですよね。


この経験は
リフォーム業者の選定において
とても参考になると思うので
別の機会にシェアさせて
いただきたいと思います。



さて今回はリフォーム前の
我が家の状態を紹介したいと思います。

前のオーナーさんは、
キッチンやお風呂など

水回りすべてを
約20年近く前に
一度リフォームされていましたが

やはり築41年のマンション。
第一印象は ズバリ

”ノスタルジック”


マンションバルコニーをお庭に


バルコニーは12m2近くもあり、
モミジや自然の緑に囲まれた
借景が楽しめる素晴らしい条件。


でも室外機が3台もあり
防水塗装の床も汚く
このままではちょっと興ざめな
状態でした。


築古マンションリノベーション玄関

玄関もこの通りの
ノスタルジックな雰囲気。

赤レンガの床に
古いオフィスのような靴箱です。




築古マンションリノベーション 寝室

寝室として使用する予定の
北側の洋室。

カーペットの床に、
ノスタルジックなクローゼット。
天井はコンクリートむき出しでした。



古いマンションをスケルトンリノベーション リビング

リビングの天井も
コンクリートに塗装がしてあるだけ。

このままではダウンライトも
取り付けることが出来ません。

天井の梁も目立ちます。


マンションリノベーション 和室
西南の和室

西南のお部屋は和室になっていました。
押し入れを無くして、
やや狭めのウォークインクローゼットに
変更したいと思います。


マンションリノベーション キッチン
  築古マンションをスケルトンリノベーション キッチン


20年前にリフォームされたキッチン。
対面式とはいえ閉塞感があります。

キッチンの排水配管を
パイプスペースまで通すために、
床が上げられている部分があって
段差がありました。


築古マンションをスケルトンリノベーショントイレ

トイレの背面には金属製の点検口。
まるで古い事務所テナントの
トイレのようでした。

中を覗いてみると
そこはパイプスペースでした。


マンションリノベーション マンション

トイレ横を右に入ると
同じく20年前にリフォームされた
洗面所とお風呂場。

マンションリノベーション お風呂




さすがにリフォーム後に
20年もの月日が流れれば
古めかしい印象に
なってしまいますね。

お風呂場の左横に
鉄製の扉があって
中を開けてみたら
給湯器のスペースでした!


このお部屋の内装をすべて解体して
フルスケルトンにて
リノベーションを行います。





次回は解体したときの
お部屋の様子と、

解体工事を含むリフォームの際に
やっておけば良かった
反省点もお話させていただきます。


続きのblog
築40年のマンションをスケルトンリノベーション 
実際に住んでみて感じた、最初にやっておくべきだった後悔ポイントとは?
解体工事・大工工事編

SHARE

RELATED関連記事