スッキリとくらす

【スッキリメンテ】床置きエアコンをエアコン専用洗剤でDIYクリーニング

2022.08.19

床置きのエアコンをエアコ洗浄剤でDIYクリーニング


皆さんは
エアコンのメンテナンスって
どうされています?



最近では
お掃除機能付きエアコンが
主流なので
何もしていないという方も
多いかもしれませんが


あれって
ホコリを取るだけで
基本的には
熱交換器についた
カビや汚れまでは
落とすことが出来ません。




だから、
翌シーズンに
エアコンをつけると・・・

カビ臭いにおいが
プーンと漂います。





床置きエアコンの我が家でも
そんな状況は全く同じ。

1シーズン冷房を使って、
何もせず翌シーズンに
冷房をつけると

やっぱりあの
カビ臭いにおいが
漂ってきます。







こうなると、
プロのエアコン洗浄業者に
お願いするのが
一番良いのですが

最近ではDIYキットも
販売されてきたので
自分で本格的な
エアコンクリーニングが
出来る時代になってきました。





ところが・・・
床置きエアコンの
エアコン洗浄のキットは
販売されていなく

しかも
エアコン洗浄業者による
エアコンクリーニングの
情報も全くない・・・





こうなると
自分でなんとか
床置きエアコンの
メンテナンス方法を
編みだすしかなく

今回はDIYにて
床置きエアコンの
クリーニングを行ってみました。




まず用意したのが、
エアコンのアルミフィン
(熱交換器)専用の洗剤。

少々値段は高いですが、
毎年メンテナンスするので
まずはプロ用の洗剤を
買ってみました。

プロ用エアコンクリーニング洗剤




この洗剤には
もう一つ種類があって
アルカリ洗剤を中和する
専用リンスも購入しました。

エアコンクリーニング専用洗剤






次に用意したのが、
この洗剤を
エアコンのアルミフィンに
振りかけるためのスプレー。

今回は、
農薬散布で使用する
ポンピング式の
スプレータンクを
用意しました。

農薬散布用スプレータンクを使ってDIYエアコンクリーニング





さあここからが本番。
専用洗剤が床にこぼれるのを
防ぐため
養生をしていきます。


壁掛けのエアコンだったら
専用のビニルシートが
販売されていますが、

床置きエアコン用のものは
存在しないので
ここは手探りで進めていきます。

床置きエアコンをDIYクリーニング



いよいよここから洗浄に入ります。

洗剤を指定の濃度に薄めて
床置きエアコンのアルミフインに
散布していきます。




ここで問題発生!
散布する洗剤の量が多いためか、
ビニルの養生では追いつかず
床に洗剤がこぼれてしまう。

しかも養生している
場所からではなく
予期しない場所から
ドボドボ溢れてきます・・・





こうなると
どうすることも出来ないので
バスタオルをエアコンの
周りに敷いて、
物理的に洗剤を
吸い取ることにしました。

DIYで床置きエアコンをクリーニング




ビニル養生の意味がないので
養生は外して、
バスタオルを追加投入。

バスタオルが
みるみる濡れていくと同時に
汚れも吸着されていきます。




フィンの洗浄が終わったら
同じプロセスで、
風を送る為のファンにも
洗剤をまんべんなく
スプレーしておきます。



ここまで来てひと休憩。
少し休んだら
先ほどと全く同じ工程で
リンスをふりかけていきます。

これで手探りの
DIYクリーニングは終了。



いやはや
バスタオルのおかげで
なんとかクリーニングが
終わりました。




果たしてこの方法が
正解なのかどうかは
全く分かりませんが、

肝心のカビ臭さなどは
しっかり取れたので、

これで来シーズンはもちろん
今年の冬の暖房シーズンも
気持ちよく使えそうです。

SHARE

RELATED関連記事